インフル予防には加湿とマスク併用やリレンザ予防投与

インフルエンザの予防するには様々な方法があります。インフルエンザウイルスへの感染が原因となっているのがインフルエンザであり、その感染経路のほとんどは飛沫感染であるとされています。そのため、インフルエンザウイルスのキャリアの咳やくしゃみなどに伴って放出される飛沫に触れないことが重要になります。こういった飛沫は空気中をある程度の時間は漂い、周囲のものに付着します。そこから接触感染を起こす場合もあることから、環境をウイルスにとって快適ではない状況にするということも重要です。また、飛沫を吸い込んでしまった場合に感染が起こりにくくする快適な環境を整えるのも大切な考え方です。そういった点から有用なのが加湿を行うというものであり、加湿器をオフィスなどに導入するということはオフィス内でのインフルエンザの予防に有効な手段となります。加湿を行うことに加えて飛沫を放出したり吸い込んだりリスクを下げるためにマスクを着用するのはより効果的な予防策となるでしょう。一方、薬による予防も可能です。リレンザはインフルエンザの治療に用いられる薬ですが、予防のために用いることもできます。吸入薬であるリレンザを使用するのを嫌う人も少なくありませんが、独自の吸入器を採用することによって比較的多くの使用者に受け入れられるようになってきています。リレンザによる予防では一日一回、十日間というのが基本となっています。家族がインフルエンザにかかってしまったときや、職場や学校でインフルエンザが流行してしまったときには、リレンザを使って予防を行っておくと効果的でしょう。この他にもワクチン接種を行うといった予防法もあり、対策を立てようと思うと多様な選択肢があるのです。