東京などの大都市でリレンザを使用する期間と目的

A型もしくはB型インフルエンザウイルスに感染した場合の治療・予防に使用することが出来るのが「リレンザ」です。東京のように大都市では、多くの人と接触するため、知らず知らずのうちにインフルエンザウイルスに感染してしまう可能性があります。そこで、インフルエンザウイルスにすでに感染している場合にリレンザを使用することにより、さらなる東京などでの感染拡大を阻止することが出来ます。
リレンザは、粉状の薬を吸入するタイプの薬であり、吸入後1分ほどでウイルスの増殖を抑制する効果を期待することが出来ます。
使用法は、専用の吸入器に薬をセットして薬を吸入します。円盤状のシートに4つの突起があり、それぞれに薬が入っています。治療として使用する場合には、1回に2つの薬を吸入する必要があります。
インフルエンザのような症状があらわれた場合には、出来るだけ早く吸入するということが重要です。インフルエンザウイルスは増殖するスピードが一般的なウイルスに比べると非常に早く、ウイルス1つが24時間後には約100万個にもなると言われています。
なお、治療として使用する場合の使用期間は基本的には5日間、予防として使用するという場合の期間は10日間です。この期間、継続して使用するということが大切になります。なお、予防効果を得ることが出来るのは薬を使用している期間のみですので、注意が必要です。
東京には、様々な年齢層の人がひとつに場所に混在するということが多く見られます。中には、高齢者や持病があるなど症状が重症化しやすい人もいますので、そのような場合に予防としてリレンザを使用することになります。
感染をしたとしても、症状が重症化することを防ぐことが出来ます。