抗インフルエンザ薬は発症後48時間以内に

抗インフルエンザ薬はインフルエンザの発症後、48時間以内に投与することで最も効果が得られるとされています。

インフルエンザとはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症のことを指します。
多くは上気道炎症状、呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒といわれることがあります。
日本では冬季シーズンに流行します。
予防方法としてうがいや手洗いが効果的と言われています。

インフルエンザの症状が出た際には、早急に医療機関に受診すると良いです。
医療機関では迅速に診断が可能な検査キットがあり、検査後に陽性だった場合には、抗インフルエンザ薬を処方してくれます。
抗インフルエンザ薬にもインフルエンザウイルスの種類によって、投薬する薬剤が異なります。
さらに注射薬や経口薬があり、薬の種類によっては妊婦には使用できないなどの制限があります。

また、抗インフルエンザ薬の使用後は外出など人との接触はなるべく避けることや安静にして水分を十分に摂取することが必要になります。
抗インフルエンザ薬やインフルエンザの予防接種は毎年、不足傾向にあります。
このため事前に掛かり付けの医師にインフルエンザについて相談すると安心することができます。

リレンザは即効性ではないのか

インフルエンザ治療薬としてはタミフルなどの服用薬がよく知られていますが、リレンザは吸引タイプのインフルエンザ治療薬として最近使われるようになったものです。
インフルエンザはウイルスのタイプによってA型、B型の2種類に分けられますが、リレンザはそのどちらにも高い効果が期待できる薬として注目されています。
インフルエンザウイルスが最も多く付着しているのは鼻やのどですが、タミフルのような服用薬の場合には服用後数時間経って有効成分の血中濃度が最大になっても患部への作用はそれほど大きくありません。
一方で吸引タイプのリレンザの場合は吸引して数十秒で作用が起こるという即効性に加えて、患部に高い濃度で働きかけるというメリットがあります。
これは吸引タイプならではのメリットとも言えます。
吸引されたリレンザはその一部が尿として排出されるものの、その比率は投与量の1割程度とされており効率の悪さは感じさせません。
また1回の吸引で済ませることができるリレンザは、何度も服用が必要になるタイプよりも患者の手間や負担を減らせるというメリットもあります。
ただリレンザは粉末を吸引するという性質上、気管支など呼吸器系の疾患を抱えている患者には適していないという側面があります。