リレンザを使えば宿主からウイルスを消すことが出来る

空気清浄装置がなくてもリレンザを使えばウイルスを宿している宿主からインフルエンザのウイルスを除去することが出来ます。そもそも、空気清浄装置が正常な効果を発揮するのは宿主に対してウイルスが侵入する前の話です。既に何らかの原因によってウイルスが宿主の体内に入っていた場合には、空気清浄装置を使ったとしても体内のウイルスを排除することは出来ません。この場合には、インフルエンザのウイルスを除去するための治療を病院で行わなくてはいけません。一般的に、インフルエンザのウイルスは非常に感染力が高く、一度人に移ると周囲の人にそのウイルスをばら撒いてしまうことになります。症状が治まってきてもウイルスの宿主にまだウイルスが残存していることになるため、それによって周囲に大きな影響を与えるようになってしまいます。そうならないようにするためにも事前や事後に対策をとることを忘れてはいけません。
インフルエンザのウイルスは感染力が強く完治までにしばらくの時間が必要になりますが、それでも専用の薬は提供されています。その中の一つにリレンザという薬があるのです。リレンザは、特に、口や鼻からインフルエンザのウイルスが侵入することを想定して作られた薬です。ウイルスは呼吸をする時には鼻やのどに接触して気道上に多くのウイルスを増殖させることになります。リレンザは粉上の薬を吸入するタイプのモノであるため、これを利用するとウイルスが増殖している部分に直接的に薬をかけることができるようになります。魅力的なのは、吸入してから約1分後に既に効果を現すことです。即効性のある薬であるため、一度吸引するすぐに効果を現すのでそこから症状を進行することを食い止めてくれます。