東京都電機健康保険組合とインフル予防接種補助金

会社に勤めている人にとっては毎日仕事が忙しいというのは当然でしょう。そのため、インフルエンザのシーズンが近づくと予防接種を行って万全の対策を立てるという人も大勢います。特に、仕事柄として専門技術を伴うような場合には自分の仕事を他の人にやってもらうということができない場合もあるでしょう。そういった場合には特に予防接種を行っていくということが個人から見ても、会社から見ても必要とされることになるのです。そういった特性の強い業界の組合である東京都電機健康保険組合ではそういった職場状況を理解して、インフルエンザの予防接種に対して補助金を出すというシステムを作っています。東京都電機健康保険組合から供出される補助金は千円であり、予防接種においては二千円から五千円程度がかかることから考えるとかなり大きな費用の軽減になります。こういった対応を行っていくことによって企業も活動を円滑に進められるということに加え、東京都電機健康保険組合にもメリットがあります。インフルエンザにかかってしまった場合には医療機関を受診してリレンザなどの治療薬を処方してもらうことになるでしょう。典型的にはその治療費用の7割を東京都電機健康保険組合が負担しなければならないわけであり、リレンザを使用することになってしまうインフルエンザ患者を組合員の中からできるだけ減らすということはとても重要なことになるのです。職場で流行しなければ感染するリスクも低下するということもあり、リレンザなら保険適用だから安く使えると思わせずに、できるだけ多くの人にインフルエンザの予防接種を受けてもらうことが東京都電機健康保険組合にとっても大きなメリットとなるのです。